35歳の転職厳選情報!

*

自分の価値は転職市場でどう評価される?

   

①自分の転職市場価値を知ろう
 かつて転職市場では、20代から30代前半の求人が多く、35歳であれば比較的、仕事を探しやす状況でした。
 ですが、長い不景気を抜けたいまの日本は、経営の安定のために新規事業に参入する企業が増えており、即戦力として手腕を発揮してくれる40代・50代のミドル世代が注目されています。
 このように転職市場にも変化が起きているいまだからこそ、35歳で転職を望むなら、自分の転職市場価値を知ることが重要なのです。

 自分の転職市場価値を知る方法は、いくつかあります。
 まず、インターネット上で転職市場価値診断を受けるというものです。無料のものより、有料の方が、より求職者の実情に合った結果を得ることができます。
 また、自分の年齢と業界や職種の市場価値を知りたいのであれば、転職サイトの求人ランキングを見るという方法もあります。
 個人の転職市場価値を知るには、転職サイトに自分の経歴を登録し、企業からどれくらいスカウトがくるかをはかるという方法もあります。
 自分の価値がわからなければ、応募企業に対する戦略も練ることができなので、まず、調べてみることから始めましょう。

②転職市場価値を理解したら希望条件などの対策を考えよう
 自分の転職市場価値を理解すると、転職が実現できる企業のランクが見えてくるはずです。
 どうしても応募したい企業がある場合、自分がニーズに合った人材と言えるかどうかを冷静に見極め、希望条件などの対策をたたておくことをおすすめします。
 もし、応募企業にニーズにマッチし、即戦力として活躍できるキャリアや実績、ノウハウを持っているのであれば、希望年収なども強気で講習できるかもしれません。
 逆に、自分の経験値ではハードルが高いと感じる求人なら、自分の希望を優先するより、職種以外で企業に貢献できることをアピールするなど、方法を考えることができます。
 また、35歳の転職であれば、将来の幹部候補生として、マネジメント経験はなくても。リーダーシップを発揮した仕事の業績について話すなど、いろいろな対処法があります。
 35歳の転職は、その後のキャリアに大きく影響するのですから、自分を知り、相手を理解する努力をしたうえで、最適な道を探してくださいね。

 - 35歳の転職活動

  関連記事

af0100003769l[1]
35歳転職限界説を分析

「35歳転職限界説」は本当にある?  2007年に雇用対策法が改正され、求人広告 …

af0100003846l[1]
転職のカギは企業分析に有り!

①35歳の転職成功のカギとは?  35歳での転職は、その後のキャリア形成に多大な …