35歳の転職厳選情報!

*

転職のカギは企業分析に有り!

   

①35歳の転職成功のカギとは?
 35歳での転職は、その後のキャリア形成に多大な影響を与えます。
 自分が目指すキャリアビジョンを達成するために、転職成功するカギとは、一体どんなものなのでしょうか。
 それは、自己分析がしっかりできていて、自分の強みと弱みをしっかり把握しており、キャリアプランがきちんと設計できていることが基本です。
 そうした転職を行うための自分軸がきちんとあり、そのために求人情報を取捨選択できる冷静さと、企業分析を行いニーズを見極める慎重な姿勢が、転職成功につながっていきます。

 35歳は、企業にとって未来の幹部候補生です。
 新卒のころは就職氷河期で、辛酸をなめた方も少なくないでしょう。
 ですが、だからこそ企業で人材がいない年代であり、企業の将来を考えると、採用して育成しなければと考えられているものです。
 業界や職種に関する専門知識があり、マネジメント経験はなくとも、リーダーシップを発揮できる人材であれば、転職は比較的たやすいです。
 自分のヒューマンスキルを証明できるエピソードを探して、組織の中でも役立つ人材になりえることをアピールしましょう。

②35歳の強みを発揮する
 35歳が他の年代の求職者と比較して、強みが多いと感じられるのは、即戦力として、指示を待たずに成果をあげるスキルが備わっていることです。
 また、職位はつかなかったとしても、年代的に上司と部下の間での調整役を担ったり、プロジェクトリーダーとしてグループをまとめる経験をしていることが多いことも、企業には魅力です。
 今後、プレイングマネジャーとして組織を束ねてもらうことを視野に入れながら、企業が育成できる年代であることも、大きな強みといえます。
 そうした年代特有の強みを発揮するためには、応募書類や面接の中で、数値や具体例をあげて、自分のスキルをアピールすることが不可欠です。
 目標に対する実績と達成率、あるいは業務改善によりスケジュールの短縮やコストダウンの額など、数値で表すことで、企業の採用担当者の印象の残り方が変わります。
 また、これまで以上にスキルを磨く姿勢を見せるうえで、業務に関連する資格だけでなく、マネジメントやコーチングのセミナーに参加するなど、具体的に行動していることを伝えるようにしましょう。

 - 35歳の転職活動

  関連記事

af0100024895l[1]
自分の価値は転職市場でどう評価される?

①自分の転職市場価値を知ろう  かつて転職市場では、20代から30代前半の求人が …

af0100003769l[1]
35歳転職限界説を分析

「35歳転職限界説」は本当にある?  2007年に雇用対策法が改正され、求人広告 …