35歳の転職厳選情報!

*

35歳転職限界説を分析

   

「35歳転職限界説」は本当にある?

 2007年に雇用対策法が改正され、求人広告に「年齢制限」の記載が禁止されました。しかしその後リーマン・ショックが起こり世界的な不況に突入。大手有名メーカーの大量リストラ、とくに中高年を対象としたリストラが盛んになったことで、しばらくは35歳以上の転職活動は大変不利なもとのなりました。

 最近では景気が回復基調になったことと、大幅なリストラ後の人材不足、急速なグローバル化の進展による即戦力の必要性など複数の要因が絡まり合い、35歳以上の人材に対する求人が増え続けています。そのため現状、「35歳転職限界説」は崩壊したと言われています。


 しかし、35歳を過ぎての転職が容易になったわけではありません。これまで同様、35歳以上の人材に求められた即戦力にプラス、組織をまとめられる人材であることが35歳以上の転職の最低条件となります。

 以前であれば35歳以上の転職は、業界経験や職種経験を求められることがほとんどでした。理由としては、異業界や異業種からの転入者を企業側が望んでいなかったからです。人材の年齢が上がるほど新しい仕事に慣れるまで時間がかかり、これまでの経験やスキルを十分に発揮できないと見られていたのです。35歳以上を採用するにしても同業界・同業種の人材以外は採用の対象外という企業が多かったのです。

 ところがグローバル化が進んだ現状では、業界や業種を超えた大きな人材移動が起きています。

 新興の業界では企業として運営するためのノウハウが必要であり、これまで他業界で即戦力として活躍していた人材の引き抜きが盛んです。

 また、旧来の企業もこれまでの経営から大きなる脱皮が必要なため、先入観や固定概念に縛られない新しい価値を生み出せる人材を採用したがっています。とくに新規事業を立ち上げ、新市場を開拓し、新しいサービスを作りあげられる人材であれば業界や業種を超えて採用したいと考えている企業が増えているのです。

 そのため、これまであった35歳転職限界説はなくなりつつあるわけですが、先にも述べたように、即戦力としての能力にプラス、マネージング能力やイノベーションを起こせる人材については、という条件がつきます。大きな成果を見込めない35歳が未経験業界に飛び込むのは難しいのは現在でも同じだと考えたほうが良いでしょう。

 - 35歳の転職活動

  関連記事

af0100024895l[1]
自分の価値は転職市場でどう評価される?

①自分の転職市場価値を知ろう  かつて転職市場では、20代から30代前半の求人が …

af0100003846l[1]
転職のカギは企業分析に有り!

①35歳の転職成功のカギとは?  35歳での転職は、その後のキャリア形成に多大な …